上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族団欒中に、(何の話の流れだか忘れたが)父が

「お前は自分の好きなことやって生きるんだろう?

と半分笑いながら言ってきた。

家族の手前、何と返すのが一番いいのだろうか・・・と考えつつ「う~ん、まぁねー」などと曖昧な答え方をしたら、思いもよらず父が

「でも俺はその方がいいと思う」

と言ってきた。

少々度肝を抜かれた


というのも、昔

「お前ばっかり好きなことやって金使って!他の人のことも考えろ!!」

と言われたことがあったので。


父の私への返しを聞いた母は、
「そうなんだよ、好きなことやってしまった人の勝ち。みんなそうしたいけど、できなかったり、または、叶えようとする努力をしないまま終わってしまって、あんたみたいなやりたいことやってる人の事が羨ましいから文句言うんだよ」


ふ~~~~~ん。


正直、私はめちゃくちゃ優柔不断で毎回彼氏に嫌がられるんだが、すると決めたことは絶対にやらないと気が済まない。
その実行のためならいかなる努力も惜しまない。

このせいで何回親に小言を言われたことか・・・・・


でもそのせいか、私は自分の人生に後悔はないし、今までしてきたことや出会ってきた人たちに感謝の気持ちでいっぱい。


父は、祖父が若い時に病気をしたことで、幼い頃から働きに出なくてはいけなかった。
長男として、家族を守っていく。
結局思い通りに自分の人生を送れなかったのだろう。

母は、21歳で嫁入り。
産休の制度もなく、休みもとれないままどうにかこうにか子どもたちを育てながら、ずっとずっと働き続け、家事もしっかりこなしてきた。
贅沢などほとんどしたことがなかったと思う。

だから彼らとしては、無理もない。これまでに私が数々してきたことは信じがたい世界だろう。

私が贅沢をしている、というわけではないが。



その一方で、私は何でも長続きする方でない。
ダイエットも勉強も、基本三日坊主。

だから、うちの姉や父のように、ひとつのものをこよなく愛したり、やり続けていくことが苦手な方だ。

私としては彼らを尊敬する。

何でも人それぞれ、向き不向きがある。
だから、その人らしければいい。

私は最大の味方を得たのだから、このまま進んでいくしかない。


自分を信じて頑張ろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。