上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母が二階に行ったら、部屋の中にスズメがちょこんと座っていたそうです。

驚いた一人と一匹が一瞬硬直しました。


その後若干うろたえる一人と一匹。


どうしていいか迷った母、大きめの袋を探してくる。

「ほら、外に出してあげるから」

と言いながら袋を持った母が近寄る。


人間のことなど信頼していないスズメが隣の部屋へと逃げ惑う。


恐怖を感じたスズメは、机の下の隅っこにちょこんと隠れる。


「大丈夫だから。外に出してあげるんだからさぁ・・・」と言いながら、再度接近する母with大きい袋。

一瞬辺りを見渡すようにするスズメだったが、そこが思ったよりも狭い机の下だったことに気付いたのか・・・

『もう駄目だ…』

とスズメながらに思ったのだろう。


母が近寄っても逃げようとせず、素直に袋の中に身を任せた。


袋の中でもジタバタひとつしない。




鳥嫌いの母は、袋越しでも何だか嫌な気分でそれこそ鳥肌っていう。。。

うわわわわぁぁぁ

と思いながらスズメを運び、窓の外にスズメを放す。


意外な人間の優しさを知ったのか、鳥だが、水を得た魚のように元気に空へと飛び立っていったそうだ・・・


それともスズメは最初から人間の優しさを知っていて、身を任せたのだろうか・・・

そうだとしたら、きっと一度くらいはスズメの意地も見せたかったのだろうか、隣の部屋へと飛びまわって抵抗することで・・・


よかったね、スズメよ。

世の中には、むしろ君を食う人たちもいるのだよ。

だから、もう人間の住処の中に安易に入ってきてはいけないよ。
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。